プロフィール

山猿

Author:山猿
昔は山男でした
今は・・・・


最新記事


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

御来場者


まとめ

花見

本日お花見!!


お花見と言えばお酒


ちょっと肌寒いけど、今日は雨も上がってお花見です。



友達も来るとのことで、まずは山の草刈。


CIMG3548.jpg


CIMG3562.jpg



7年目の桜で、まだ花の数は少ないですが春を満喫しました。

CIMG3544.jpg


CIMG3545.jpg


CIMG3546.jpg



久々のバーベキュウでリフレッシュ!!


CIMG3558.jpg



湧水にはビールやジュースを冷やしてます。


CIMG3550.jpg



CIMG3549.jpg




酔っ払ってこのあとは爆睡。

翌朝、3:00には起きて、バイト先に向かいます。

次に帰るのは2週間後かなぁ



CIMG3540.jpg





耐火レンガ

今週は桜が咲いてるはず!!


毎週末帰るのはしんどいけど、桜を見るため頑張って軽トラで帰ります。



バイト先から帰る途中のホームセンターで耐火レンガを見ました。


フランスレンガ 耐火温度1400度とあります。大きさは国産に比べ若干小さめ。

DSC_0027_201704111228014b7.jpg

値段は税込み198円。いつも買ってるホームセンターは245円。


耐熱温度が本当であれば、これは非常にお買い得!!


で、ネットで検索してみると・・・・耐熱温度は1,000度と書かれている。



1,000度ではちょっと心配だが、考えて考えて・・・・・160個ほど購入することに。


品質がイマイチわからないので、何かあっても簡単に補修できるよう、炭窯部分でなく、上部に作るピザ窯部分に使おうと思います。

無題


さて、このレンガ、重さ3.2kg 軽トラには100個まで積んでも問題ないはずだが、300km弱の道のりを走るのはちょっとツライ。


そう急いだものでもないし、これから先何往復もするだろうからと考えて80個で2回に分けて運ぶことにしました。



1個45円も安ければ、80個で3,600円もお得。


早速タイヤの空気圧を揚げに行って・・・・

DSC_0029_20170411122804fd8.jpg



DSC_0028_201704111228025d0.jpg



荷台に積んで帰りました。


CIMG3543.jpg


高速でも90km/hしか出なかったので、到着まで5時間近くかかりました。


GWが休みならなぁ~  けっこう山仕事がはかどるのになぁ


窯の入口

里山で過ごす貴重な休日。

明日は3時起床で、現場へ向けて出発します。(8時の朝礼に間に合うよう出発します)



最終日だと言うのに今日も冷たい雨。


ですので土間で炭窯の入口を加工しました。


ホームセンターで買ってきたジクソー

DSC_0001_20170404124927263.jpg



今まで頑張って「引廻し」と呼ばれる手鋸で切ってたんですが、これから先も沢山加工があるので思い切って購入しました。

今までも「いずれ買うなら早く買っておけば良かった」って工具が沢山ありましたね

ピン(DIY用3,000円)~きり(プロ用12,000円)までいろいろありましたが、展示処分品(プロ用)が8,000円でしたのでそれを購入。



これで窯の入口部分の型枠を作ります。

DSC_0004_20170404124928ae7.jpg


DSC_0005_20170404124930ca6.jpg


おお!!

これは便利!!


薄べニア(2.5mm)も購入してきました。


DSC_0011_2017040412493125f.jpg



これで入口部分の曲線部を作ります。


DSC_0012_20170404124933289.jpg


パキっと折れそうですが、ゆっくりやると意外に曲がるもんですね。


DSC_0014_20170404124934649.jpg


あとはレンガの位置に墨だしして完了。


DSC_0015_20170404124936d0e.jpg


早速セットしてみました。


DSC_0016_201704041249376e7.jpg


いい感じ!!


この型枠に合わせてレンガをアーチ状に積んでいきますが、今日はここまで。


続きはまた今度。いつになったら出来るかな




追伸:

フキがいい感じ。今が柔らかくて、一番おいしいんだよな。


DSC_0009_20170404122353970.jpg



DSC_0010_20170404122355f4b.jpg

桜の開花

待ちに待った桜の開花

DSC_0008_20170404122352743.jpg


でもまだ開花したのは5個ぐらい。

あとは残念ながらつぼみです。


DSC_0006_20170404122350e0c.jpg



今日は冬に戻ったような冷たい雨。手がかじかんでしまう寒さです。


残念ながら見頃は来週ですかね。今年は少し遅い気がします。

4月から年内いっぱい新天地に赴任しまして、忙しい毎日です。


遠いいし、お金もかかるので毎週は帰れないですが、来週は花見で帰らなくっちゃいけないね。



さてさて里山は猪が荒れ放題。

DSC_0023_20170404122404702.jpg



DSC_0022_201704041224022e7.jpg



DSC_0021_20170404122401628.jpg



DSC_0019_201704041223587f9.jpg



おかげさまで、まったく筍にありつけません。


竹林として整備したからでしょうか、今までここまでひどかったことはないです。

ロックも怪我はだいぶ良くなったのですが、今までのように山を走り回らなくなりました。




竹林に張った猪対策のネットもまた壊されてました。



DSC_0018_20170404122403fc8.jpg


ここは2回目なので今度は金網を使って厳重に張り直しました。


DSC_0020_201704041224000c0.jpg


今年は絶対に猟師の資格を取るぞ!!

炭釜の耐火コンクリート

オイラの窯は耐火コンクリートで作ってます。

耐火モルタルよりかはすごく使いやすいです。


耐火コンクリートで作るときは、レンガを水につけてから施工しています。

水につけてはダメという方もおられるようですが、耐火煉瓦は物凄い吸水力ですので、この方が絶対施工しやすいと思います。


DSC_0007_20170329124614224.jpg


施工後に火入れするまでにじっくりと乾かせば問題ないと思いますよ。


セメントを混ぜるときは水加減が大切。

まだまだ水が足りないと思って加えすぎるとドロドロになってしまう。

慣れると簡単に出来るようになるんですが、オイラもよく失敗しました。


でも失敗しても大丈夫。

水を加えすぎてトロトロになったときは、乾いた耐火煉瓦の上に置くと、一瞬で乾きます。

DSC_0011_20170330224404a40.jpg




水を加えすぎたトロトロの耐火セメントを乾いた耐火煉瓦に載せて2~3秒後

DSC_0010_20170330224402fc3.jpg






水分がほとんどなくなり、丁度良い固さになります。

10秒も置いていたら、水を加えないと使えないくらいの固さになってます。



炭窯も来週からは練習を兼ねて入口のアーチ状の天井を組んでみようと思います。

自分の作った炭釜で竹炭やパンを焼いて売れたらいいですよね。

娘と一緒に頑張って、バイトやめた後の臨時収入になるといいなぁ


夏までには完成させたいな



追伸:桜

1週間後には花見ができるかな?

DSC_0016_2017032912462083c.jpg

««前のページ  | ホーム |  次のページ»»