プロフィール

山猿

Author:山猿
昔は山男でした
今は・・・・


最新記事


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

御来場者


まとめ

水田に水が・・・

今週も東京へ出張。

最近出張が多いよなぁ


仕事を終えて帰りの新幹線でビールと駅弁。


DSC_0001_20170726215315ea1.jpg


駅弁って値段高いですよね~


さて本題。


今週里山に帰ると・・・・・

水田に水がない!!


DSC_0003_20170726215319a85.jpg


もともと少ない水量だけど、今は全く出てない。

DSC_0004_2017072621532078f.jpg


オイラの地方は空梅雨だったけど、湧水は枯れることはない。

となれば配管が泥で詰まってる。



ということで、配管の一番低い部分をばらしてみました。


DSC_0005_20170726215357d2d.jpg



こういうとき、PP管は便利ですよね!!


バラしてみると上流側は勢いよく水が出てきます。

やはり下流側が詰まってるようです。

DSC_0006_20170726215359ace.jpg


圧力のある上水を使って末端から逆洗。

DSC_0009_20170726215400ad0.jpg


元通りに水が流れるようになりました。

DSC_0010_201707262154014c1.jpg


水田の生き物たちは死んじゃったかな?

今度帰るのはまた2週間後。

水田は良いビオトープ。


ちゃんと水が溜まってるといいな。

いつかは・・・・

暑いですね!!

里山は草や竹が伸び放題。

CIMG4017_201707161126311a0.jpg


休みがないので、今日は3時間ほど草刈をします。

草刈しながら考える。


今はまだいいけど、この広大な敷地を広げていくなかで、年齢とともに、いつかは除草剤に頼る日が来るのだろうと思う。

畑周りは頑張るとして、林道や小屋廻り・・・・・

子供達が少しでも意思を継いでくれれば良いが、無理強いは良くないよね。

そんなことを思いながら草刈してました。



さて本題。

久しぶりの里山ですが、休む暇なく妻から言われて本日そうめん流し。

たまの休みですが、家族サービスも大切です。


まずは山から直径20cmクラスの孟宗竹を切り出します。


CIMG4039.jpg


何日も使うわけでなく、当日1回きりなので、柔らかく、竹の香りも強い新竹を使います。


1時間程度で準備完了。


早速子供達が集まって流しそうめん。


CIMG4045.jpg


気がつくと、大人合わせて20名ぐらいはいたでしょうか


このあと夜はスイカ割りなどで、遅くまで遊んだ様子。

今日は一日、子供達の笑い声の絶えない里山でした。

幸せってこういうことなんでしょうね。

いただきもの PART-2

今週世の中は3連休!! でもオイラは島根県と鳥取県へ出張。

写真は車窓からの風景です。奥に見えるのが宍道湖。

DSC_0025_20170716105138777.jpg


仕事が終わったら温泉にでもつかって、仕事の疲れを癒し・・・・・・・

なんて事はありません。 日帰り出張。会社を昼過ぎに出て、帰ってきたのは深夜。

世の中、そんなに甘くないか




さて話題変わって、今いるバイト先は親父の実家の近く。

ということで、本家にお邪魔して、兄様自慢の手作り蕎麦をいただいてきました。

おいしくて食べるのに夢中で写真を取り忘れたのが残念!!

お酒もたらふく飲んでいい気分!!


お土産も沢山いただきました。

その中に変わったイチジクが!!

CIMG4031.jpg

緑色なんです!!


スイカも自家製。

虫や鳥に食べられずに収穫するのがどれだけ大変か。

畑仕事をするようになって、よくわかるようになりました。


両方、冷やしておいしくいただきました。

感謝感謝です。




オイラの里山にもいちぢく植えてみようかな

将来は蕎麦畑を作って、オイラも自分で打ってみたいな自家製蕎麦を

いただきもの

最近、休みもなくバテ気味のオイラに、遠く信州より麺を送っていただきました。


CIMG4009.jpg


きんぴら自然農園(←リンク先)さん自然農・自家栽培の「黒細麺」


早速バテた体に、冷たいざる蕎麦でいただきました。


CIMG4013.jpg


おいし~い!!

しっかり腰もあって、食べ応えもある。


見た目は蕎麦ですが、うどん、パスタ、ラーメン、なんでもいけるそうです。


沢山いただいたので、いろいろ試してみます。


この日は、お酒も飲みながら、きんぴら店長さんとの出会いを思い出しながら一杯飲みました。


遠く離れた信州と長州。一期一会の出会い。縁というのは不思議なものですね。

オイラの山でも、いつかこんなのが作れるといいなぁ~

んでもって、脱サラして、里山でソバ屋さんを開いて・・・



麦畑!! 頑張って竹薮開拓しなきゃ!!

窯の囲い

先日に引き続き、窯部分の囲い用骨組作業。


アンカーにセットした支柱をたて、鉄板(1.6t)にて廻りを囲っていきます。

CIMG4003.jpg

支柱の鋼材はホームセンターで購入し溶接して作りました。

ちゃんと溶接の資格は持ってますよ

全国に教習所があり、1日の講習で取得可能です。皆さんも持っとくと便利ですよ。


鉄板は1.6mmで、錆止め塗装しただけ。

ネットで購入すれば自由なサイズにカットして送ってきてくれます。
便利な世の中になったもんですね。

鉄板ドリルで穴をあけてボルトで取付。


CIMG4007.jpg


この10cmの隙間に山砂を充填していきます。

鉄板は着脱可能だからあとでバラしてレンガの補修も出来る予定。


上部の鉄板も取付けてみました。

CIMG4008.jpg


この上にピザ窯を作る予定。

下の炭窯と上のピザ窯は開閉可能な100φの筒で繋がってます。

その辺の構造はまた今度。

次は側面でなく、前後の塞鉄板を作る予定。


年内完成目標に頑張ります。

««前のページ  | ホーム |  次のページ»»