FC2ブログ

プロフィール

山猿

Author:山猿
昔は山男。

今はメタボのおじさんが、愛犬ロックと里山遊びしながら荒れた竹林を開拓します。


最新記事


カテゴリ


最新コメント


月別アーカイブ


カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

御来場者


検索フォーム


赤土塗り

里山にもようやく雨が降りましたよ~

傘のいるような本格的な雨はGW以来2か月ぶり。

恵みの雨です。オイラの地方は今年は空梅雨になりそうです。

DSCN2712.jpg

水田は半分以上雑草になっちゃいました。

どうするかなぁ。




さて雨の日を狙って窯の赤土塗りをしようと思います。

ここは屋根がありますから雨が降っても作業OK。


DSCN2650.jpg



窯は時間とともに耐火モルタルのヒビ割れ等が目立つようになってきました。


DSCN2651.jpg


保温機能を高めるうえでも粘土を上から塗り込もうと思います。


ネットでいろいろ調べていると、なんとバイト先のご近所さんに土を売ってるお店がありました。


早速連絡すると「見においで」とのことでバイトさぼって工場へ行ってきました。


土屋さん



山里にある小さな工場でしたが、とても親切に教えてくださいました。


ピザ窯の事、炭焼き窯のことなど、いろいろ勉強させていただきました。



で、保温効果の高い赤土を主体としたこの土がお勧めということで、早速購入。


DSCN2648.jpg


DSCN2649.jpg


1袋500円/25kgでした。



里山からは遠いですが、バイト先からは近所ですので足りなければまた買いにくればいいと思い数体購入。


塗り方も教わり、コテはあまり使わず、基本は手でペタペタ。


DSCN2703.jpg


厚いほうが良いですが費用もあるので3~5cmで塗ります。


DSCN2704.jpg



しばらくして乾いてくるとヒビが入ります。


DSCN2705.jpg


生渇きのうちに水で濡らした手やコテで擦って補修。


DSCN2715.jpg



これを何度か繰り返し、今日の所は終了。


DSCN2716.jpg


2日ぐらいかけてひび割れを補修しながらゆっくり乾燥させればいいのだけど、そんな時間はありません。


まぁ土ですので、何度でもやり直しは出来ます。


来週どうなってるか楽しみ(*^_^*)

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://satoyamaasobi.blog129.fc2.com/tb.php/859-9c281f52

 | ホーム |