FC2ブログ

プロフィール

山猿

Author:山猿
昔は山男。

今はメタボのおじさんが、愛犬ロックと里山遊びしながら荒れた竹林を開拓します。


最新記事


カテゴリ


最新コメント


月別アーカイブ


カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

御来場者


検索フォーム


水田の水確保 PART-2

みんさん、「和時計」というのをご存知ですか?

江戸時代まで採用されており、日の出から日の入までを昼としたため、季節ごとに昼夜の時間が変わります。

季節感を重要とした日本人の生活にはなじみが深かったとされているそうで、「不定時法」と呼ばれているそうです。

具体的には基本の春秋は6時30分~17時30分ぐらいまでが昼間なのですが、夏は4時半から19時半の15時間、冬は6時半~17時までの11時間半ぐらいが昼間だったようで、昼間の時間は季節の移り変わりと共に変わっていきます。


この和時計、通販でも売ってますし、携帯のアプリもあります。


老後は、里山の自然の中で、こんな生活をしたいと思っています。




さて、今日は水田の水確保 PART-2ということで、里山の入口(最も標高の低いところ)付近の水路の涸沢に集水桝を設置しました。


DSCN2465.jpg


集水桝の役割は水田への水確保のため以外にも農業用水路に泥が出ていかないようにすることです。
(定期的な清掃が必要ですが桝内の山砂はいろんな場面で役に立ちます)


ここは通常涸沢の事が多いのですが、少しの雨でもふれば1週間ぐらいはある程度の量の水が流れてくる沢の末路で、年間のうち半分位は少しずつでも水が流れています。


桝を設置するには日照り続きで沢の水の涸れた今がチャンスです。


水路の水は農業用で権利がないため採水できませんが、水路に入る前であれば問題はありません。


井水が枯れて水田が干からびそうな時に、緊急用にこの水をポンプで水田へ汲み上げる予定です。


DSCN2466.jpg



設置完了。写真撮り忘れましたが、合板を取ると、桝から水路へ暗渠があります。


DSCN2467.jpg



あとはコンクリーが乾けば合板を撤去して・・・



と思った瞬間!!


足を滑らして水路に転落。

(実は暑いのでビール片手に作業してました



膝を強打しシップを貼っていたんですが・・・・


DSCN2474.jpg



翌朝立てないぐらいに・・・・



病院に行くと全治1ヶ月。靭帯破損でしばらく安静にとのこと。


DSCN2478.jpg



まずい・・・・

田植えが出来ない・・・・・

せっかく水の確保ができたのに 



コメント

あ~あ、大変ですね、肝心な時に。
ビール片手はマズかったですねぇ。。。
何とかだましだまし作業をするしかないんでしょうか?
それも怖いですね。
まずは無理をなさらずに・・・
お大事になさってください。
2019-05-25 11:21 あっきょ #- URL [ 編集 ]

Re: タイトルなし

あっきょさんコメントありがとうございます。

自業自得ですので仕方いです。
仕事先でもみんなに迷惑かけて反省しきりです。

でもね~
こんだけ暑いとビール飲みたくなるんですよ~i-229


あっきょさんも獣道を走り回るのでしょうから、お気をつけて下さいね。


2019-05-26 08:20 山猿 #- URL [ 編集 ]

しょうがないか。

人生色んな事が起こるようになっていますから、しょうが無いです。
2019-05-27 19:22 きんぴら農園長 #- URL [ 編集 ]

Re: しょうがないか。

今回のは自業自得。情けない話です・・・i-229
2019-05-27 20:49 山猿 #- URL [ 編集 ]

こんばんは。

重大な怪我ですね。
早い回復をお祈り今します。
お見舞い申し上げます。
2019-05-27 21:42 安曇野 #zpIpWHok URL [ 編集 ]

Re: タイトルなし

安曇野さん、コメントありがとうございます。

自分が悪いのだから仕方ないですよねi-229


安曇野さんは写真の腕も素晴らしいですが山野草にもお詳しいですね。
私も図鑑片手に調べますが見分けがつかず半分もわからないです。
羨ましいです。

私の里山近くにも安曇野さんのような方がおられればいろいろご教授願えるのにe-454
2019-05-28 08:03 山猿 #- URL [ 編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://satoyamaasobi.blog129.fc2.com/tb.php/845-2a7e7e0b

 | ホーム |