FC2ブログ

プロフィール

山猿

Author:山猿
昔は山男でした
今は・・・・


最新記事


カテゴリ


最新コメント


月別アーカイブ


カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

御来場者


検索フォーム


まとめ

湧水の確保

先日、猪に壊された自作の湧水濾過装置。

あの時は怒り心頭でしたが、おいしくいただきましたので、無事成仏してくれればと思います。

その後ですが・・・既に池は枯渇状態。でどうするか。

8年前の開拓当初と違い、今は上水がありますので、もう濾過装置は作るのやめました。

今の主用途は、水田や池の水源確保以外は、夏場にお酒を冷やすのみ。湧水なので大雨以外はそう濁ることもないです。

ですので濾過でなく、水源確保に力を入れて、ミニダムを造ることにしました。


現状湧水は2通りの方法で水源を確保しています。

DSCN0730.jpg

上段の竹で作った樋は濾過装置、下段の青い容器は水田へ行ってます。

湧水の70%は回収しています。残りの30%は回収できず浸透しています。

できれば100%使いたい。

で、今回は水をせき止めるダムを作りました。

石を積み上げまして、モルタルで固定。

DSCN0742_20171206010651686.jpg


内部に採水口を設置。

DSCN0745_20171206010652fdb.jpg


底には水抜きも設置しています。

DSCN0746_201712060106546f9.jpg

水量は40Aのパイプ1/2~1/3程度ですが、里山入口には水路もありますし、200坪の水田はできると考えています。


「所さんの目がテン」でやっていた科学の里の方法を真似したいと思います。

通常は池に水を流しますが、稲作時は水田入れ、水田から溢れた水を池に返すようにしようと思います。

次回、モルタルが乾くのを待って、ミニダムを満水にしてみようと思います。

上手くいけば配管工事に着手予定です。


コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://satoyamaasobi.blog129.fc2.com/tb.php/700-81294733

 | ホーム |