FC2ブログ

プロフィール

山猿

Author:山猿
昔は山男でした
今は・・・・


最新記事


カテゴリ


最新コメント


月別アーカイブ


カレンダー

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

御来場者


検索フォーム


墨出し作業

最近、バイト先では雑用係なのに出張が多く疲れ気味。
          
昨日も朝5時の始発で出かけて、帰りは深夜1:00の最終列車。
          
翌日はいつもどおり仕事で6時起床。出張中の仕事は誰かかわりにやってくれるでもなく・・・・・
          
で帰ってきたら、お偉いさんは今週も休みで、みんなでゴルフらしい。
          
          
そんなわけで、忙しい最中ですが、どうせ今日は出勤扱いにはならないし、仕事を早めに切り上げ里山へ来ました。

          
今日の作業は墨出し作業です。 
          
「炭出し」でなく「墨出し」です。そう、囲炉裏小屋の墨出し作業です。
         
           
M-DSCN4985.jpg
           
鉄骨基礎部分(アンカー打設部分)の墨出しを行います。
           
7m×5m 正確な四方形を書きます。
           
対角を測って正確に出します。
           
M-DSCN4983.jpg
           
対角の寸法は、あらかじめ計算しておきます。
           
こうやって、主柱9本・補助柱(束部分)20本の位置を正確に出します。
           
M-DSCN4982.jpg
           
ちなみに一人で出しているので、レーザーなんかも使います。
           
(これがあると直角が出しやすいんです!)

           
M-DSCN4986.jpg
           
より正確に出す為に、スケールは「0」でなく「100」を合せます。

           
つまり、1mの所に印をつけるには、100(10cm)を0として考え、1,100 (1m10cm)の所に印をつけます。

           
そして日暮れまでの3時間でほぼ出し終えました。
           
参考までに対角の長さを測って、誤差は最大でもわずか2mm。
           
           
バイト先でもよくやっているので、結構得意です。

           
ついでにレベルも測ります。
           
M-DSCN4988.jpg
           
レーザー光線で、基準点から各基礎がどれだけ高低があるか確認しておきます。
           
測定してみると、結構床レベルはデタラメ。最大で20mmの誤差がありました。各基礎の高さを測定後、スペーサーを手配しておきます。

           
今日はここまで。
           
どんなに疲れていても、ここに来れば疲れが取れて癒されます。



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://satoyamaasobi.blog129.fc2.com/tb.php/122-a6d2ef33

 | ホーム |