FC2ブログ

プロフィール

山猿

Author:山猿
昔は山男。

今はメタボのおじさんが、愛犬ロックと里山遊びしながら荒れた竹林を開拓します。


最新記事


カテゴリ


最新コメント


月別アーカイブ


カレンダー

06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

御来場者


検索フォーム


土砂崩れ

バイト先への通勤途中、豪雨の被害跡がまだあちこちに残っています。

国道以外の県道や市道は復旧の目途が立たないようです。

土砂崩れを見ると、学ぶべきところもあると思います。



これは竹藪。



DSCN1602_201807301017449c0.jpg


竹林にすると崩れにくくなるというが、本当だろうか。

オイラの里山も竹藪だらけ。不安になります。


こちらはコンクリート被膜してますが、中からの水圧で崩れたのでしょうか。

DSCN1619.jpg


コンクリートで壁を覆ったときは水抜きが必要ということですかね。




ここはコンクリートの擁壁(数tあると思います)が数十m下流まで丸ごと流され、川も氾濫してたようです。

この道路は2年前にできたばかり。

DSCN1616.jpg


土木技術の進んだ現代においても崩れてしまう。

この大雨は「想定外」なんでしょうけどね。


結論は

「自然の力にゃかなわない」


ということですかね。


ここは市道ですが、土砂崩れはあまりにも数が多すぎて、年内には手を付けることもできないだろうと言ってました。


個人的な見解ですが、こんな中でも新規高速道路などの公共事業が再開してます。

新しいものを作るより、まずは復旧では?





 | ホーム |  次のページ»»