FC2ブログ

プロフィール

山猿

Author:山猿
昔は山男。

今はメタボのおじさんが、愛犬ロックと里山遊びしながら荒れた竹林を開拓します。


最新記事


カテゴリ


最新コメント


月別アーカイブ


カレンダー

02 | 2014/03 | 04
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

御来場者


検索フォーム


竹薮の整備

あと1ヶ月もすれば筍シーズン到来ですね

4月下旬の孟宗竹からはじまって、真竹・ハチクと6月下旬まで筍掘りが楽しめます。


          
人間様以外にも猪や猿も山を降りてきて、オイラの里山も一年で一番賑やかな時期になります


          
          
今日から1ヶ月(日曜日だけなので実質4日間)かけて竹薮の整備です。

          
倒れた竹を整理するだけでも全然違います。
      
          
作業前
          
DSCN4298.jpg

          
作業後
          
DSCN4306.jpg

          
このあと、枯れた竹を切っていきます。


          
それと竹藪整備で最も重要な作業は、切った竹の後始末。

          
無断で竹を持っていく人がいるんですが、その方達は、ナタで切っていくんです。

          
当然切り口は槍の先のようになってます。

          
DSCN4305.jpg

          
DSCN4274.jpg

          
子供が転んでしまうと大怪我をしてしまいます。

          
ですので地面付近で水平に切っていきます。


          
また罠の場所の確認です。

          
大体の場所は猟師さんに聞いていて、その場所には猟師さんの住所を書いた札がぶら下がってますが小さくてあまり目立ちません。

          
DSCN4289.jpg

          
「くぐり輪」の罠ですので怪我はしないと思いますが、場所だけは確認しておきます。そして目立つように表示とロープをしておきます。

          
どこに罠があるか分かりますか?
          
DSCN4291.jpg

          
よく見ますと・・・・

          
DSCN4290.jpg


          
こうやって敷地全部は無理ですが、毎年少しずつ整備範囲を拡げています。そのせいか、筍も沢山取れるようになった気がします。


        
追伸
      
竹薮整備後の山積みにした竹。いつか引っ張り出して焼却処分にしたい。何か無いかと探していると、竹を焼く良い物を発見しました。

          
持ち歩け、火事の心配も少ないそうです。灰と炭。撒けば一石二鳥?  なんか自作できそうな気もしますね。
          
(特許でしょうからマネしちゃまずいか

                  
          
リンク先→無煙炭化器

 | ホーム |