FC2ブログ

プロフィール

山猿

Author:山猿
昔は山男。

今はメタボのおじさんが、愛犬ロックと里山遊びしながら荒れた竹林を開拓します。


最新記事


カテゴリ


最新コメント


月別アーカイブ


カレンダー

05 | 2013/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

御来場者


検索フォーム


本設電気工事

今の時期、雑草対策が大変!!

         
で、草刈機でガンガンやってると・・・・

         
小屋へ続く仮設配線   やっちゃいました。
         
DSCN1228.jpg

         
応急処置はしましたが、これは危険。
         
で、本設の配線をすることに。

         
電力会社に連絡すると、供給義務があるので、山奥でも送りますとのこと。

         
でも最短ルーとなると、紅葉の木の側を通り景観上良くない。

         
悩みました。が、将来的には電力会社にお願いしても、今は照明程度しか使わない。電圧降下がかなりあるでしょうが、結局、邪魔にならないところを自分で引っ張る事に。

         
まずはもらった電線が耐光性がないので保護管に入れます。
         
保護管は耐光性のあるPF管です。CD管ではダメだそうです。


         
DSCN1226.jpg

         
DSCN1225.jpg
        
長さ約100m。ちょっと苦戦しましたが、何とか完了。

        
これを電柱代わりに打ち込んだパイプに指示していきます。
        
これをとめるインシュロックも黒色にすると耐光性があるらしいです。
        
DSCN1247.jpg

        
DSCN1246.jpg

こうしておけば、草刈機に巻き込まれる事もないでしょう

        
倉庫側の分電盤の接続。極性をチェックしてつなぎます。

        
DSCN1229.jpg

        
DSCN1230.jpg

        
そして小屋側の配線取り込み口です。
        
DSCN1231.jpg

        
あとからでも分電盤まで壁内を配線できるよう細工をしてあります。

        
分電盤廻りの結線を行い
        
DSCN1233.jpg

        
DSCN1234.jpg

       
コンセントや照明廻りの配線もおこないます。

       
DSCN1236.jpg

       
引き込み電柱から約200m 電圧もチェックしましたが、
       
103V いいんじゃない。
       
DSCN1326.jpg


       
便所の暖房便座(ヒーター)を仮接続してみましたが、電圧は変わらず。
       
思ったほど電圧降下はなさそうです。       
        

       
あとは電気を通すだけですが・・・・・自己責任とはいえ、火事になったら大変。

       
友人の資格を持った電気屋さんに来ていただきました。
       
最終チェックをしていただき、結線状態を確認。ちょっと手直しもしていただき最終的に絶縁チェックもOK。

       
で、ブレーカーON!
       
DSCN1323.jpg
       
DSCN1325.jpg
       
       
思わず「おおっ」てうなっちゃった。


       
追伸:皆様方。配線工事は必ず有資格者で!
          
おいらはバイト先が設備業なので多少知識はありますが、スイッチ廻りは配線間違えてた所もありました。 
          
また資格を持った友人がいろいろアドバイスしてくれ、最終 チェックもしていただきましたので出来ましたが、間違えると火事になる事もあります。
          
自己責任とはいえ、やっぱりプロにお任せしましょうね!!

 | ホーム |