FC2ブログ

プロフィール

山猿

Author:山猿
昔は山男。

今はメタボのおじさんが、愛犬ロックと里山遊びしながら荒れた竹林を開拓します。


最新記事


カテゴリ


最新コメント


月別アーカイブ


カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

御来場者


検索フォーム


毒草?

みなさん、軽油は消防からの指導で緑のポリタンクに変わったの知ってます?


DSCN2341.jpg


DSCN2342.jpg


オイラのような田舎町でも、いつもの赤や青のポリタンクでは軽油を給油してくれなくなりました。


で、仕方なくホームセンターに買いに行ったら値段が3倍(1,600円)もする。


手痛い出費だが逆らってもどうしようもない。





さて、今日の本題は山の中のおいしそうな野草。

全くのど素人のオイラ。


今日見つけたのは「人参の葉」に似た野草があちらこちらに。

DSCN2309.jpg


とってもおいしそう。


根っこはこんな感じ。


DSCN2313.jpg


これは間違いなく食べれそうだが、図鑑でしらべても良くわかりません。


ただ「毒セリ」に似てるようなのでもう少し様子を見ることに。



で・・・・3週間後。


DSCN2426.jpg


高さ1mぐらいまで伸びて綺麗な白い花が。


やはり毒セリのようです。食べなくてよかった。



どこかに野草博士がいないもんかねぇ~。



他にも今はアザミが沢山。


チクチクした葉っぱだけでなく根も食べれるとか。


ついでに料理してみた。


DSCN2272.jpg



ネットで見ると「サッ」と湯通しすれば葉っぱのトゲトゲはなくなるとのこと。


で・・・・・やってみましたが・・・・・・



見事に失敗。



3分ほど塩を少し入れて茹でたのですが、トゲトゲはなくならず。


少し食べて見ましたが、痛くて食べれたもんじゃなかったです。



5分茹でてもダメでした。もっと茹でななきゃだめなのかなぁ。












ふき

今日はフキを食べてみました。

里山には売るほどあります。

DSCN2263_20190423194058eb7.jpg



近所の方いわく、日陰の柔らかいのは皮を剥かなくても食べれますよとのこと。


そんなフキで梅肉和えを作ってみました。


鍋に入る大きさに切りまして、塩でゴリゴリやったあと、鍋で3~5分ほどグツグツ。

DSCN2266.jpg


DSCN2267.jpg



根元の方から皮を剥いで、だし汁で5分煮込みます。


DSCN2269.jpg



冷ましたら、だし汁ごと冷蔵庫で冷やします。


DSCN2270.jpg


食べる直前に鰹節と梅肉を混ぜて出来上がり。

DSCN2329.jpg



酒のつまみにもいいんじゃない。


ちなに葉っぱは塩ゆでした後、ザクザク切って、ごま油で炒めます。


DSCN2268_201904231941009a8.jpg



DSCN2274.jpg



塩コショウで味を調えたら出来上がり。


これも御飯のお供に最高なんだなぁ。





追伸:サクランボ


サクランボの実が付き始めました。


DSCN2295.jpg


食べごろになったと思えば、いつも鳥たちに先を越されてます。

JOYさんのブログで 房総鴨川 男の週末 がサクランボの網掛けをされていました。

グッドアイデアだと思います。

オイラも真似させていただくことに。

DSCN2381.jpg





今年は少しでもオイラの口に入るかな?








カラスノエンドウ(その2)

先日、きんぴら農園長さんからお浸しも美味しいよと教えていただいたので、さっそく作ってみることに。


DSCN2366.jpg


穂先の柔らかそうな所を収穫。



DSCN2367.jpg


よく見るとアブラムシとか毛虫も結構いましたね。

よっぽど美味しいんだと思います。

(でもそれ言ったら、かみさんは絶対食べないでしょうね


さっと洗ったら3分ぐらい塩ゆでです。



DSCN2368.jpg

ところでお浸しってどうやって作るの?

ネットで見たけど沢山ありすぎて、正直よくわかりません。

塩ゆでしたものを醤油かけるだけでもいいらしい。


結局、だし汁にみりんと醤油で味をととのえたいつものやつで少し煮込んで冷めたらそのまま冷蔵庫に。



DSCN2369.jpg


DSCN2370.jpg



このあと、固く絞って鰹節かけていただきました。


いやいや美味でしたよ!! ぜんぜんいけるじゃん。

出来上がりの写真撮り忘れちゃうぐらいですから。

太めの茎は多少口の中に残ったので次回からは取り除こうと思います。

正直、ホウレンソウよりもいいかも!!

雑草として草刈りして終わるにはもったいなさすぎ。



カラスノエンドウ(その1)

気持ちの良い天気。

DSCN2262.jpg



山は筍シーズン真っ只中!!


DSCN2323.jpg


今年もたくさん収穫できそうです。



さて、日記代わりのこのブログに食べられる野草のレシピを残し、いつか子供たちに教えたいと思ってます。


かと言っても、オイラはど素人。


母や近所の方に聞きながら、あとはネットにたくさん載ってるので、自分なりに試してみようと思います。



まず第1回目はカラスエンドウ。


DSCN2248.jpg



子供の頃は「ピーピー豆」とか言って音を鳴らしてましたね。

去年「きんぴら農園長」さんのブログを見てカラスエンドウが食べれることを知りました。


今の時期は、なりはじめのさや「若さや」がとても柔らか。

早速、茹でておみそ汁の具に。


DSCN2250.jpg

(黒いのは竹藪でとれたキクラゲです)



効能は

①クエルシトリン(ポリフェノールの一種):便秘対策。

②アイピン:精神を安定させる精神を安定させる働きがあり、イライラや不眠の対策につながるとされています。


オイラにはピッタリかも

またカラスノエンドウに含まれている「ビタミンB1」には、炭水化物・たんぱく質・脂質の代謝に関わり、エネルギー生産をサポートする働きがあるそうです。


今日は簡単にサッと2~3分、塩茹でしたらみそ汁の具に。


DSCN2251.jpg




穂先10cmほどを使用した天ぷらもおすすめらしいので、それは次回のお楽しみに取っておこう。






 | ホーム |