FC2ブログ

プロフィール

山猿

Author:山猿
昔は山男。

今はメタボのおじさんが、愛犬ロックと里山遊びしながら荒れた竹林を開拓します。


最新記事


カテゴリ


最新コメント


月別アーカイブ


カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

御来場者


検索フォーム


井戸ポンプ

すっかり秋らしい天候になりましたね

里山の朝晩は少し肌寒いです。


最近の山食のお気に入りは炊き込みご飯。

具材はスーパーの値引き商品なら山菜や魚類、肉など何でも入れちゃいます。

今日は売れ残った半額のエノキとナメコを沢山入れて作ります。

DSC_0003_20191007192907d7c.jpg


2合御飯にダシ醤油とみりんをそれぞれ大さじ2杯半いれて炊くだけ。

DSC_0002_20191007192906665.jpg



美味しいんですよ~




さてさて、今日は先週紹介した古井戸にポンプを設置しました。


DSCN3066.jpg


まずは蓋を持ち帰りまして、里山の加工場で穴を開けます。


ちなみにポンプはいただきもの。錆を落として再塗装しました。


昔はこの一帯はどこの家にも井戸があったとか。


状態は非常にいいです。


DSC_0004_201910071929097a0.jpg


DSC_0005_20191007192910a3d.jpg


このポンプ、よく見るやつとちょっと形が変。

ちなみによく見るのはこんな感じ。

特徴は上部が解放されてます。


無題


で、今回譲っていただいたのがこれ。

無題

上部は密閉されてます。

調べてみると、これは押し上げポンプと言うらしい。


通常の手押しポンプは水を汲み上げるだけ。

押し上げポンプは汲み上げた水を圧送できるようになってます。

レバーを下にさげれば通常の手押しポンプのように水を吸い上げ、上にあげれば圧送する仕組みになってます。


ですので、通常のと違い、レバーを下げる時だけでなく、上げる時も力が必要です。


配管を接続できるよう出口側にネジ加工されていますね。





早速蓋を加工しまして・・・・・


DSC_0011_20191007192912c44.jpg


DSC_0012_20191007192913fe1.jpg


台座取付用ベースを取り付けます。


DSC_0013_201910071929151a4.jpg

台座ベースは腐らないよう園芸品のコンクリート板。

ちょっとおしゃれに板風になってます。


あとは配管工事。


DSC_0014_20191007192916345.jpg

下部には逆流(落水)防止のフート弁を設置。

フート弁の高さは泥を吸い込まないよう井戸底より200mm上げた位置にします。


DSC_0015_20191007192918376.jpg


上部はポンプの下部の台座を設置。



あとは組み立てるだけ。

作業時間わずか1時間で完成!!



呼び水入れたら早速試運転。

DSC_0017_201910071929208ad.jpg


いい感じ!! だいたい1回で 700cc~800cc汲み上げます。



手押しポンプより圧送する分だけ、力は余計にいりますが、レバーを長くすればすむこと。


吐出口はネジなのでホースなどもつけれます。



この土地は世界遺産の中にある観光地。景観もバッチシです

古井戸

今週の里山遊びは竹藪伐採

DSCN3039.jpg


今日は暑かったので直径10cm以上の孟宗竹を30本切って終了。



昼からは妻が友達とその子供たちを連れて遊びに来たので、オイラはビール飲んでロックと一緒に外で昼寝。


DSCN3062.jpg



義父が植えた金木犀が満開でいいかおり!!


DSCN3055.jpg



稲刈りももうすぐですね。


DSCN3063.jpg


DSCN3059.jpg



10月で里山購入して丸10年になります。今度の3連休あたりは稲刈りもかねて、里山でのんびりしたいですね。




夕方からは妻の実家の隣の草刈りです。

駐車場として貸し始めたので月に1度は手入れが必要になりました。


ここには古井戸がありますが、今回蓋を開けて調査してみました。


DSCN3066.jpg


井戸の底が見えますので、水は透き通っているようです。


DSCN3068.jpg


懐中電灯で照らすと、大きな瓦や石ころなどが結構落ちてましたね。


最近は井戸さらいする業者なんていないんでしょうね。


自分で入るのは何となくイヤですよね。(*´~`*)
(高いところは好きですが、地中などの低いところは苦手です)




長いパイプで深さを測ると深さは5.5mで水深は70cmあります。

DSCN3072.jpg


DSCN3073.jpg


DSCN3070.jpg



里山近くのご近所さんの倉庫に手押しの井戸ポンプがあり、里山の井戸をみて、「いればあげるよ」なんて言われてましたけど、里山は電動ポンプてけたから、そのままになってた。



まだあるかな?今度もらいに行ってみよう。


せっかくの井戸ですし手押しの井戸ポンプつけてみたいなぁ\(^o^)/

古民家


里山に帰る途中、古民家を見せていただきました。


DSCN2559.jpg



地元保存会の方が手入れをされてるようです。



敷地内に人工の小さな小川もあります。


DSCN2558.jpg



DSCN2555.jpg

生活用水として洗い物や風呂の水に使われてたんでしょうね。

オイラの里山も竹藪から広葉樹の森になれば湧水量も増えるかもしれません。

そしたら小屋の周りにこんな小川を作りたいな。




囲炉裏や釜場、昔ながらの農機具もありとても勉強になりました。


DSCN2552.jpg



DSCN2553.jpg



DSCN2557.jpg



DSCN2560.jpg


いつでも無料で見学させてくれるとのこと。



我が里山に「古民家移築」なんてのもいいよなぁ。



しかし、こんな古民家は虫対策が大変だと思う。


茅葺屋根は燻るとしても床面からは蚊やムカデ以外にもいろんな虫が入ってきたのでは?


寝るときは蚊帳があったとしても日中は・・・・・?


虫の嫌がる何かで対策してたのだろうか。


里山の囲炉裏小屋も最近はムカデが頻繁に発生し悩んでます。


クモやゴキも嫌だけどムカデはもっと嫌。


対策考え中です。







お盆ですね

暑いですね~

お盆に突入しましたが、オイラは仕事。

前回に引き続き、休日がないので、気分転換に、お昼休みを利用して工作してます。

まずは門扉の製作。

イメージはこんな感じ

無題2


前回防食材を塗ったので、今日は組立て。

DSCN5700.jpg

直角を出しながら組み立てていきます。


次に妻から頼まれてた犬小屋作り。

設計図を簡単に書きまして・・・・・

無題1


こちらも合板に墨出して、加工していきます。

DSCN5702.jpg


こんな感じ。

DSCN5703.jpg

毎日毎日、気晴らしに昼休みを使って作業してます。

1時間ほど汗かくだけでも、ストレスかなり発散できますよ~

古家の柵つくり

ここんとこ天気も良く、柵作りように買った杉板も乾いてきました。

しばらく天気も続きそうだし、柵用の木材に防腐剤を塗装しました。

これであとは組み立てるだけ。

DSCN5313.jpg

5月中にはロックの遊び場できるかな?



追伸:里山でのロックの遊び場

最近のお気に入りはこの湧水が流れ着く場所。

DSCN5302_20150428211016939.jpg

暑いせいもあるのでしょうが、ここで泥んこ遊び。

こんなことしたら、大嫌いなシャンプーが待ってるというのに、懲りないやつです

 | ホーム |  次のページ»»