FC2ブログ

プロフィール

山猿

Author:山猿
昔は山男。

今はメタボのおじさんが、愛犬ロックと里山遊びしながら荒れた竹林を開拓します。


最新記事


カテゴリ


最新コメント


月別アーカイブ


カレンダー

12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

御来場者


検索フォーム


物置を作る PART-4 外壁編

今日は物置を作る 「とりあえず完結編」 です!!


物置の外壁ですが、いろいろ考えました。


特類の合板(コンパネ)で行きたいが、費用的にはNG。

ならば費用的に半額で抑えられる波板と言うことになるが・・・・


10年は持たない。



で、結局考えたのが、

やっぱり外壁は多少高くても耐水性のある合板にしたい。

でもお金がないから今はホームセンターで見つけたJIS規格外の安いポリカ波板。

一般の波板が5~8年の耐用年数となっている中、これは3~5年となっていました。

でもお値段格安の7尺で700円。

ガルバ波板より200円、一般の波板より600円も安い。

お店の方に聞くと耐候性が劣るらしく3年過ぎると固くなってパリパリになり、台風などでも穴が開くらしい。

工事現場や臨時で使う仮設用ですよとのこと。



方針としては数年経って傷んでくる迄にはお金を貯めて、随時、耐水合板に変えていく。


ということにしようと思います。





ということでロックの見守る中、作業再開。



DSCN3608.jpg


まずは胴縁を取付し、外壁を施工します。


一人なので仮止めはビニールテープで行ってます。


DSCN3581.jpg





胴縁を止めるのは垂木クランプなど使いません。配管用サドルで充分です。

あちこちのホームセンター見ると、J社はN社の倍の値段でした!!

100個以上買うなら送料払ってもネットで買う方が安いかも!!


無題




出入口だけはいろいろ考えて耐水コンパネ(ウレタンコートパネル)で施工しました。

継目はコーキングをタップリ塗ってます。

通常の構造用合板(特類)などに比べ、何年持つか実験してみようと思います。


DSCN3609.jpg


残りの面は1枚700円(JIS規格外)の格安の波板で作りました。


DSCN3633.jpg


裏面だけは風がもろにあたるので強度のあるガルバ波板としました。


DSCN3634.jpg


4隅はL型の板(切妻屋根のてっぺんのとんがったところに使うやつです)を取付ました。

DSCN3650.jpg


取付けたらこんな感じ。

DSCN3651.jpg




結局、11万円かかちゃいました。大きな出費です!!

でも大きさは4m×3m×2.5mH。
市販のを買うよりかは格段に安い。


最後に扉にツマミや鍵のかけれる金物などを取付し完成。

DSCN3653.jpg


DSCN3652.jpg



DSCN3643.jpg


DSCN3645.jpg

大工仕事をするときは落とした釘は必ず探し出し、もちろん袋などのホッチキスの芯などもちゃんと処分します。

DSCN3648.jpg


ここはロックが遊び廻る場所。足にでもささったら大変ですからね!!

裏面に出てきたビスは怪我をしないようベビーサンダーで切り落としておきます。

この屑もちゃんと拾います。

DSCN3637.jpg


DSCN3640.jpg





完成後の中身はこんな感じ。


DSCN3616.jpg


ロックも興味津々。

波板だと明るいですね。でも防犯上は中身が見えて良くないかも?

DSCN3618.jpg





早速引っ越し。


今日はとても寒いのでストーブを持ってきました。


DSCN3623.jpg



こんな隙間だらけの物置でもストーブだけであったかいですね。

DSCN3627.jpg


片付け途中、気づけばロックも爆睡してました。(^-^)


いごごちが良いのかな?外には遊びに行かず、ずっと物置の中にいます。

犬小屋ではないですが、気に入ってくれたようです。


DSCN3628.jpg


とりあえずはこれで物置作りはいったん終了。


あとは数年経って外壁が傷んできたら合板に交換していこうとおもいます。


できればそれまでに、窓など廃材も集めておいて、だんだんと物置から小さな小屋にできればいいなぁと思っています。













物置を作る PART-3 ちょっと休憩編

今日から物置は外壁工事なんですが・・・・・


材質について思案中。

というのもお金が底をつきました。  


現在までの支出

①ブロック 110円×30個 = 3,300円
②単管 4m 1,300円×5本 = 6,500円
③単管 3m 1,050円×29本 = 30,450円
④単管ベース 250円×30個 = 7,500円
⑤クランプ 180円×70個 = 12,600円
⑥屋根材 ガルバ波板13尺 1280円×8枚 = 10,240円
⑦垂木類 45mm角 350円×30本 =10,500円
⑧40Aサドルバンド 30円×100個 = 3,000円
⑨その他釘類 3,000円

ここまでの合計 87,090円

予算8万円をオーバーしちゃいました。





ここで我が里山の財政事情。(^-^)/


里山遊びでは日頃の倹約努力により、我が家の大蔵省より半年に1度、100,000円の予算が支給されます。



ですが・・・・・



鋸や工具の消耗品費、重機の他、草刈機・チェーンソーの燃料費、電気水道代、その他塗料や小屋の維持管理費など・・・


今さえ良ければいいという、どこぞの国家予算と同じでいつも赤字。



で足らない分はオイラの毎月のお小遣いからの支出となります。



ですが災害と同じくユンボや農機具の故障など、想定外の出費はつきもの。


そんな場合は我が家の大蔵省からの借り受けとなります。


そんな財政難の里山ですが、今回は年末に電気を引っ張ったのでこれ以上の出費は非常に厳しい!!


将来を考えず赤字国債を発行し国民(子供達)にお金を借りるか!?


収入が増える見込みがないのに高齢化(子供達の進学に伴う学費増)で支出増は明白。





前途多難のなかで、これ以上の負債は返済無理と判断し、物置の材質を変更することにしました。


床材は水がかからないので安いNON-JAS12mm合板としても、外壁はできれば塗装コンパネで行きたい。

でもお金がないし・・・・

とりあえず予算が確保できるまでの代用品としてJIS規格外の安い波板でいくかなぁ~。

う~ん。 設計図書き換えてみるか。(´・_・`)






物置を作る PART-2 構造編


あったかすぎる。

オイラの地方のスキー場は積雪ゼロ!!

高校時代は春休みもスキーできたのに・・・・

地球温暖化だろうかなぁ。



さて、今日は倉庫作りの2日目です。

作業は構造組(単管組)です。

基礎さえできれば、単管組はあっという間です。

水平器で水平・垂直を見ながら数時間で完成。

DSCN3573.jpg




上部に飛び出た余分な単管をベビーサンダーで切断。

DSCN3575.jpg





雨が降ってもいいように先に屋根を設置します。


屋根はガルバ波板。


DSCN3563.jpg


通常の波板より安いし耐久性は抜群。
10年は大丈夫だと思います。

クリアにすれば光が入り明るいですが、ここは耐久性をとりました。


DSCN3576.jpg



屋根張りが終わったら垂木の防食塗装。

単管ピッチは70cm。今回使う垂木や根太は45mm角の木材を使います。



DSCN3578.jpg


囲炉裏小屋の時は根拠もなく90mmなどを使ってましたが、今回は根拠があります。


オイラの参考書ハゼノキ60ro-さんのブログ構造Ⅰ編に根拠が記載してあります。

素人なので今までは感覚だけで選定していましたが根拠があると安心感が増しますね。




根太を取付る前に、台風(耐風)対策を実施します。


それは1mの単管を打ち込み、小屋と固定します。

DSCN3606.jpg

全部で6本。ブロックの置き基礎ではありますが、これで台風でも飛ばされることは無いでしょう。




根太をセットしたら今日はここまで。

DSCN3592.jpg


次回は外壁です。







物置を作る PART-1 基礎編


今日から倉庫作ります。

結局、予算内で買える物置は小さいので、自分で作ることに。

大きさは4m×3m×2.5mH 予算は8万円。


設置場所は作業場の隣に作ります。


DSCN3512.jpg



まずは草を刈って整地。


必要に応じ山ズリも入れて地盤改良。


DSCN3514.jpg



ロックは興味津々。でも犬小屋じゃないんですよ


DSCN3557.jpg


DSCN3554.jpg




次に基礎となるブロックのセット。


基礎伏せ



図面を見ると大変そうですが、単管組の場合そうでもないです。

それぞれが水平でさえあれば、レベルは単管で調整できます。


つまり、全て同じレベルでなくてもかまいません。

市販の物置であればこれが一番大変なんですけどね。



砕石を入れ、叩いて地盤を固めます。


DSCN3518.jpg


DSCN3555.jpg



水平見ながらブロックをセット。

DSCN3513.jpg


まずは4隅を決めます。

ここで大切なのは対角!!

ブロックの間隔だけでなく対角の寸法があうように配置します。


で、4隅の単管に仮の短い単管を建てて位置決めをします。
(単管組なので、後から正規の長さに差し替えます)

DSCN3515.jpg




横単管をレベルを見ながら設置し、基本枠を形成。


DSCN3519.jpg


DSCN3522.jpg


ここで再度対角を確認。


DSCN3520.jpg


これをいい加減にするとちゃんとした建物ができません。


ここまでできたら、半分終わったようなもんです。


あとは設計図の位置にブロックを水平見ながら置いてくだけです。
(砕石して床固めはひつようです)




単管も4mあるとたわむので、まずは中間から。

家を建てる時はレベルで確認したのですが、物置なので水平器で充分。


DSCN3524.jpg


DSCN3523.jpg



クランプも組み方によって隙間を開けたり開けなかったりできますよ。


DSCN3558.jpg



最終ブロックの配置完了。ここまで約6時間かかりました。


DSCN3562.jpg


始めに書きましたが、単管組なのでブロックのレベルはまちまちでOK。

水平にさえ設置されていれば問題ないです。






電気を引くぞぉ!! PART-3 完結編


さてさて、今日は電気工事の完結編です。

頑張って埋設配管して、あとは本職の電気屋さんへバトンタッチ。


で、・・・・

今週帰ってみると!!


引込柱廻り


DSCN3560.jpg



なんか新しくなってる。



DSCN3559.jpg



メーターも新品になってる。




中継盤の場所。

埋設管への通線や配線が終わってました。



DSCN3561.jpg



ここから100Vが取れるようコンセントも設置されていました。

DSCN3553.jpg



DSCN3551.jpg




そして囲炉裏小屋内も・・・・!


DSCN3547.jpg


新しい分電盤が設置され、工事は完了していました。


これで気にせず電気設備が使えます!!

電気屋さん! ありがとう!!O(≧∇≦)O


カミさんは・・・・

「冷蔵庫大きくしよう」「エアコンが使える」

なんて言ってますが、そこまでは必要ないかな。


電気はきたけど、使うのは最低限。

来客時以外はランプや薪ストーブでの生活は変えないつもりで、便利に慣れることなく、基本は質素にいきたいですね。

「災害時でも問題なく生活できる」そのコンセプトは変えないつもりです。

 | ホーム |  次のページ»»