FC2ブログ

プロフィール

山猿

Author:山猿
昔は山男でした
今は・・・・


最新記事


カテゴリ


最新コメント


月別アーカイブ


カレンダー

04 | 2019/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

御来場者


検索フォーム


まとめ

水田の水確保 PART-2

みんさん、「和時計」というのをご存知ですか?

江戸時代まで採用されており、日の出から日の入までを昼としたため、季節ごとに昼夜の時間が変わります。

季節感を重要とした日本人の生活にはなじみが深かったとされているそうで、「不定時法」と呼ばれているそうです。

具体的には基本の春秋は6時30分~17時30分ぐらいまでが昼間なのですが、夏は4時半から19時半の15時間、冬は6時半~17時までの11時間半ぐらいが昼間だったようで、昼間の時間は季節の移り変わりと共に変わっていきます。


この和時計、通販でも売ってますし、携帯のアプリもあります。


老後は、里山の自然の中で、こんな生活をしたいと思っています。




さて、今日は水田の水確保 PART-2ということで、里山の入口(最も標高の低いところ)付近の水路の涸沢に集水桝を設置しました。


DSCN2465.jpg


集水桝の役割は水田への水確保のため以外にも農業用水路に泥が出ていかないようにすることです。
(定期的な清掃が必要ですが桝内の山砂はいろんな場面で役に立ちます)


ここは通常涸沢の事が多いのですが、少しの雨でもふれば1週間ぐらいはある程度の量の水が流れてくる沢の末路で、年間のうち半分位は少しずつでも水が流れています。


桝を設置するには日照り続きで沢の水の涸れた今がチャンスです。


水路の水は農業用で権利がないため採水できませんが、水路に入る前であれば問題はありません。


井水が枯れて水田が干からびそうな時に、緊急用にこの水をポンプで水田へ汲み上げる予定です。


DSCN2466.jpg



設置完了。写真撮り忘れましたが、合板を取ると、桝から水路へ暗渠があります。


DSCN2467.jpg



あとはコンクリーが乾けば合板を撤去して・・・



と思った瞬間!!


足を滑らして水路に転落。

(実は暑いのでビール片手に作業してました



膝を強打しシップを貼っていたんですが・・・・


DSCN2474.jpg



翌朝立てないぐらいに・・・・



病院に行くと全治1ヶ月。靭帯破損でしばらく安静にとのこと。


DSCN2478.jpg



まずい・・・・

田植えが出来ない・・・・・

せっかく水の確保ができたのに 



くやしい~

雨が・・・・降りません。

雨に合わせて田植えしようと思うのだけど・・・・・降りません。

ポツポツぐらいは降るんですがね~。

屋久島では大雨で被害も。

自然相手じゃ上手くいかないもんですね。






竹の1m切りしたところは噂通り今年は筍が発生しませんでした。


DSCN2417.jpg



これはいけるかもしれません。





そんなことより、オイラがバイト先に戻って居なくなった数日の間に・・・・・



竹林の親竹用の筍が・・・・・・


全てやられました。その数20本強。


DSCN2448.jpg



DSCN2449.jpg



DSCN2450.jpg



DSCN2451.jpg



毎年毎年腹立つなぁ~今年こそは大丈夫と思ったのに・・・・


もう竹林の中には5年前ぐらいのしか残ってません。



これでは来年の筍は期待できないか。



ロック頼むよぉ~。



DSCN2445.jpg



ムカつくのは被害は全て手入れされた竹林のばかり。


竹藪の中の筍は食べてないんですよ~


今からは真竹や破竹の筍だけ。孟宗竹のは出ないだろうしなぁ。ショック!!


イノシシは柵である程度防げるけど猿はねぇ・・・・・・

やっぱ電気柵張ろうかなぁ~。

窯場の飛散防止対策

4月から働き方改革が始まりましたね。

皆さんのところはどうですか?

うちのバイト先は・・・・・・

やめましょう、愚痴になるだけだから。




今日は窯場の耐風対策をしました。


窯場の屋根の足元は固定せず置いてるだけ。

DSCN2431.jpg




ですので飛んでかないようにロープ張ってます。


DSCN2430.jpg




みっともないし、薪置き場も兼ねているので、だんだん足の位置がズレてきました。



足の位置がズレないよう防食塗装した木枠を回して固定し、飛んでかないようワイヤーで固定します。


DSCN2256.jpg


4隅の足元に固定用のアイボルト設置。

DSCN2432.jpg



柱の火打金物にもアイボルト取付けてワイヤーで固定。


DSCN2442.jpg


DSCN2444.jpg



これでもう大丈夫でしょう。


綺麗に薪も積みなおし完成です。

DSCN2447.jpg






毒草?

みなさん、軽油は消防からの指導で緑のポリタンクに変わったの知ってます?


DSCN2341.jpg


DSCN2342.jpg


オイラのような田舎町でも、いつもの赤や青のポリタンクでは軽油を給油してくれなくなりました。


で、仕方なくホームセンターに買いに行ったら値段が3倍(1,600円)もする。


手痛い出費だが逆らってもどうしようもない。





さて、今日の本題は山の中のおいしそうな野草。

全くのど素人のオイラ。


今日見つけたのは「人参の葉」に似た野草があちらこちらに。

DSCN2309.jpg


とってもおいしそう。


根っこはこんな感じ。


DSCN2313.jpg


これは間違いなく食べれそうだが、図鑑でしらべても良くわかりません。


ただ「毒セリ」に似てるようなのでもう少し様子を見ることに。



で・・・・3週間後。


DSCN2426.jpg


高さ1mぐらいまで伸びて綺麗な白い花が。


やはり毒セリのようです。食べなくてよかった。



どこかに野草博士がいないもんかねぇ~。



他にも今はアザミが沢山。


チクチクした葉っぱだけでなく根も食べれるとか。


ついでに料理してみた。


DSCN2272.jpg



ネットで見ると「サッ」と湯通しすれば葉っぱのトゲトゲはなくなるとのこと。


で・・・・・やってみましたが・・・・・・



見事に失敗。



3分ほど塩を少し入れて茹でたのですが、トゲトゲはなくならず。


少し食べて見ましたが、痛くて食べれたもんじゃなかったです。



5分茹でてもダメでした。もっと茹でななきゃだめなのかなぁ。












GWの出来事

カミさんの実家は観光地のど真ん中。

休日ともなれば家の前のメインストリートをバスガイドに連れられて観光客が沢山通ります。


その隣に同じくメインストリートに面した崩れそうな隣家を以前、借金して購入しました。

今は家を解いた空き地があります。



DSCN4619_201905051954031e1.jpg


草ボーボーで毎年税金だけ払ってます。


その場所でカミさんが何を思ったかフリーマーケットを開くらしい。

家の不要物を売るらしい。



オイラにも客寄せのため、筍掘って協力するよう要請が!!



ついでに、オイラのセンスで里山から1品ほど出品。



この時期、紅葉の大木の周りには多くのミニミニ紅葉が発芽。


DSCN2420.jpg


ここは林道ですが拡大するとこんな感じ。


DSCN2422.jpg



その数は数百以上。とても数え切れる数ではありません。


これらは基本的に草刈りで全部刈ちゃいます。


ということで、100均でお洒落な植木鉢を購入し、赤ちゃん紅葉を植えてみます。


DSCN2423.jpg



どうですか?

大きい奴は去年刈り損ねた2年目紅葉です。

DSCN2424.jpg


なかなかいいセンスでしょ。

原価は100円。



客寄せになるかどうかわかりませんが、筍と一緒に品物買ってくれたお客さんに「サービス(無料)で渡したら?」とフリマに置いておきました。


数時間後、もみじの追加注文が来ました。


なんでも300円~400円で売れたらしい。


(ちなみに筍は客寄せでなく身内に配ったらしい)


老後は小遣い稼ぎできるかな?



もったいないですが、来週には全て草刈りで刈ってしまします。







追伸:


毎年バイト先の事務所で「クヌギ」植えてんだけど今年は芽が出ず。


代わりにこの赤ちゃん紅葉を事務所に飾ろうと思いまして・・・・



植木鉢ならぬ竹鉢と倉庫の片付けで出てきた廃棄予定の子供のおもちゃで作ってみました。

DSCN2452.jpg



早速事務所の机に飾ってみました。


DSCN2453.jpg



DSCN2454.jpg



癒しになるかな。








 | ホーム |  次のページ»»