FC2ブログ

プロフィール

山猿

Author:山猿
昔は山男でした
今は・・・・


最新記事


カテゴリ


最新コメント


月別アーカイブ


カレンダー

07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

御来場者


検索フォーム


まとめ

暑いですね~

今週はバイトが休めず・・・・・

オイラも暑い中、工事現場で頑張って働いております。



それでもまとまって盆休みは取れそうな感じ。

今は頑張ってお金稼いできます。


ということで盆明けまで記事がございません。

せっかく訪問していただいたのにごめんなさい。


せめて最近のロックの写真でも・・・・・・


さすがに暑いんでしょうね~

日陰に逃げ込んでます。

DSCN1629_201808081936333cc.jpg




こっちは湧水の沢の中で水につかってます。

気持ちよさそう


DSCN1632_20180808193638ae6.jpg



夕方、陽が落ちると、元気に走り回ります。


DSCN1633_20180808193639800.jpg


お盆休みは、たっぷり山で遊ぼうね。




追伸:クヌギの木には・・・

オイラの里山で数少ないクヌギの木。


DSCN1635.jpg


左上に何かいる。


DSCN1634_20180808193640513.jpg


そう、カブトムシです。それとコクワガタ。

近所の子たちが、網持って里山を走り回ってます。


竹藪をもっと切って、クヌギなどの広葉樹が茂る里山にしたいなぁ~

土砂崩れ

バイト先への通勤途中、豪雨の被害跡がまだあちこちに残っています。

国道以外の県道や市道は復旧の目途が立たないようです。

土砂崩れを見ると、学ぶべきところもあると思います。



これは竹藪。



DSCN1602_201807301017449c0.jpg


竹林にすると崩れにくくなるというが、本当だろうか。

オイラの里山も竹藪だらけ。不安になります。


こちらはコンクリート被膜してますが、中からの水圧で崩れたのでしょうか。

DSCN1619.jpg


コンクリートで壁を覆ったときは水抜きが必要ということですかね。




ここはコンクリートの擁壁(数tあると思います)が数十m下流まで丸ごと流され、川も氾濫してたようです。

この道路は2年前にできたばかり。

DSCN1616.jpg


土木技術の進んだ現代においても崩れてしまう。

この大雨は「想定外」なんでしょうけどね。


結論は

「自然の力にゃかなわない」


ということですかね。


ここは市道ですが、土砂崩れはあまりにも数が多すぎて、年内には手を付けることもできないだろうと言ってました。


個人的な見解ですが、こんな中でも新規高速道路などの公共事業が再開してます。

新しいものを作るより、まずは復旧では?




台風対策

本日、大荒れの模様。

我が里山も台風対策を実施。


まずは側溝の清掃から。

DSCN1607_20180730101742771.jpg



次に耕運機やユンボの養生。

DSCN1610.jpg


DSCN1611.jpg



早く車庫を作りたいのだが・・・・・

そのためには周辺の竹を切らないといけないので、当分先かな。


窯場の屋根養生も実施。


DSCN1608.jpg


基本差し込んでいるだけなので強風には弱そう。


DSCN1609_201807301017481fd.jpg


ロープで引っ張り飛散対策を実施。




最後にロックのお散歩と見回り。


DSCN1605.jpg




ロックの泥遊びがなかなか終わらないので、その間にミョウガも沢山収穫。

DSCN1612.jpg





昼前から雨が降り始め、風も強くなってきました。


DSCN1615.jpg





あとは運任せ。

被害がないことを祈りつつ、今日は囲炉裏小屋で、一杯やってます。


DSCN1506_2018073010265515a.jpg


やりたいことは沢山あれど、たまには休息も必要ですね。(#^.^#)

災害復旧

今回の豪雨災害はあちこちに爪痕を残してます。

これはバイト先の裏山。

DSCN1586.jpg

市道ですが迂回路があるので他の道路を優先し、撤去は1カ月以上先とか・・・

電柱もひっかけて倒れてますが復旧の目途はたってないそうです。


こんな場所があちこちの残ってます。



断水もまだあるようで、一日も早い復旧を祈るばかりです。




さて、話変わっておいらの里山。

こちらも小屋につながる林道含め3か所が被害に。


今回は少しお金をかけて、本格的に復旧しました。

お忙しい中、土工さんに手伝ってもらいまして作業開始。


DSCN1587.jpg


まずは根本的に林道には雨水配管を増設し水導を作り直しました。




そして山ズリを入れ崩れた林道を補修して、轍(わだち)なども直していただきました。



DSCN1589.jpg




そしてもう崩れないようにコンクリート打ち。


DSCN1593.jpg



ほうき目も入れていきます。


DSCN1595_201807211857267d3.jpg



全部で3箇所。1箇所は約10m コンクリート打ちました。


囲炉裏小屋前。


DSCN1594.jpg



里山入口付近。


DSCN1596_20180721185727935.jpg



畑へ続く道。


DSCN1597_20180721185729e4e.jpg


炎天下の中、作業していただいた土工さん。
ありがとうございました。

予定では2箇所だけでしたが、順調に進み、崩れた場所はすべてコンクリート打てました。


今まですべて手練りで、今回初めてコンクリを発注しましたので少しドキドキしました。

(ハゼノキ60ro-さんの小屋を作った、13年暮らした 「土間コン基礎 ③コンクリート打ち」 を参考にさせていただきました。)


費用もかなり掛かっちゃいましたが、満足です。


いつかお金が溜まったら、残りもコンクリート打ちたいなぁ~(*^_^*)

親の拘束

この記事はブロとものみ閲覧できます
ブロとも申請

 | ホーム |  次のページ»»